レンタル?それとも購入?ポケットwifiを利用するまでの主な流れについて

ポケットwifiとSIMカードを購入する場合の主な流れについて

ポケットwifiレンタルや通信キャリアで購入・契約するケースのほか、「ポケットwifiとSIMカードを購入」する方法があります。
このケースでは、ポケットwifi端末本体とインターネット回線を利用するために必要なSIMカードを別々に購入します。
ポケットwifi端末は、ネット通販などでSIMフリーの端末を購入する必要があります。
SIMフリーの端末を購入しないと、別途購入したSIMカードが使えないためです。
最近、格安SIMカードを利用する方が増えていますが、このようなSIMカードを使ってインターネットを行うためにも
SIMフリーのポケットwifi端末が必要になります。
 
《ポケットwifiをとSIMカードを購入するときの主な流れ》
最初に、「①SIMフリーのポケットwifiを購入する」ことから始めます。
SIMフリータイプのポケットwifiは、インターネット通販などで購入することができます。
販売元によって端末本体の価格が異なりますし、ありとあらゆる端末が販売されているので、
販売時期や機能、通信速度、サイズや重量、バッテリー容量などを色々と比較検討したうえで最適な端末を選びます。
ポケットwifi端末を手に入れたら、次は「②SIMカードを購入」する必要があります。
SIMカードは、家電量販店をはじめ、インターネット通販で購入することができます。
また、MVNOと呼ばれる各通信キャリアの回線を提供している専門店からSIMカードの購入や新規契約を行うこともできます。
SIMカードを1~2週間、1カ月という短期間で借りることもできれば、通常のプロバイダ契約のように2年縛りで契約をして
月額で通信料金を支払うといった方法もあります。
尚、MVNOで販売されているSIMカードは使い放題をはじめ、月額で使用できるデータ通信料が決まっているケース、
通話は不可でデータ通信のみ可能なSIMなど、様々な目的に合わせてSIMカードを使い分けることができます。
尚、各通信キャリアからSIMカードを貸与されている場合は、利用終了後に郵送などでSIMカードを返却する必要があります。
ただし、自動販売機などで販売されている短期利用向けのSIMカードの場合は、利用終了後はSIMカードをハサミなどで切断したうえで廃棄できる場合もあります。
短期利用が可能なSIMカードをもっと使いたいというときには改めて購入する必要がありますが、
SIMカードの種類によっては延長手続きを行うことでさらに長く利用できるように設定することも可能です。